おすすめ投稿

車を事故で廃車にしてしまった経験

誰でも事故で、車を修理した経験は、あると思いますが、実は、私は、免許を取ってからすぐに車をぶつけて廃車にしてしまいました。
しかし、その後は、事故らしい事故は、してなく常に自分の運転を客観的に見て安全運転に勤めるようにしています。
実は、私の娘も同じように免許を取ってから、すぐに車をぶつけてしまい廃車にしてしまっています。

私の娘だから、やはりよく似ているのですが、ついつい、自分の運転に自信を持ちすぎて相手が、赤信号を無視するとか、スピード違反して突っ込んでくるという考えが、全くありませんでした。
その後は、やはり安全運転に徹しています。
人は、自動車運転免許証を取ってから、一通り前も後ろも横もと言うようにぶつけて、そして、運転が、上手になると聞いていますが、私の家は、ちょっと違います。

大きな事故をして、廃車にしてしまってから、安全運転になります。
ぶつけることも一切ありません。
自分の運転が、上手いからといって自信を持ちすぎるのは、いけません。

もしも相手が、止まらなかったら、もしも、相手が、スピードを上げたら、というもしも運転が、大切だと思います。

そして、自動車を廃車にする場合は、税金の問題があります。
さらに下取りする時には、複雑な手続きになります。

下取りする時の自動車税について
参照:http://xn--ghqp0jcwab26k5pn.jp/zidousyazei.html

ガソリン代が厳しいかも

毎月のガソリン代。
それを浮かそうとするなら、エコカーなんだろうけど、今の車だって一応エコカーなんだよなぁ。
もうすぐ10年だけど。

ハイブリッドとか電気自動車とかちょっと調べてみたんだけど、やっぱり毎月の費用を抑えるなら電気自動車なのかな。
今のところは日産リーフ。
でも、後部座席のとこのドアは乗り降りしやすいようにスライドドアがいいんだよなぁ。

電気自動車じゃなくて軽自動車に絞ってスライドドアのタイプを探すか、だよね。
でも、軽自動車がいくら燃費良くてもやっぱり電気自動車の電気代には敵わないだろうしなぁ。
電気自動車で、良いとこは、毎月の充電費用が安いこと。

買うときにも補助金があって、ガソリン車買うのと値段はあんまり変わらないこと。
逆に心配なのが、新しいテクノロジーの車だから何年乗れるのかなってとこ。
買って5年しか乗れないとかだったら、購入費用考えたらガソリン車のがお得だし。

あと、ガス欠みたいなことになったらどうしよう?って心配がある。
たしか、あんまり走行距離長くないんだよね?ガス欠なら最終手段でJAFの出番だけど、電欠ならどうしたらいいんだろ?そういうことは、購入時にレクチャーがあるんだろうか。

いろいろよかった

私は現在都内で働く20代のサラリーマンなのですが最近新型のオデッセイを購入して乗るのが毎日楽しみです。
非常に広々しており荷物もなんでも入り燃費もいいのでドライブ好きの私としては最高の車です。
高級感がある割りに値段も安くて安月給の私からしたら本当に夢のような車です。

仕事で遠くへ行くことも良くあるのですがガソリン代が決まっていて上限を超えると自腹なので困っていたのですがこれに変えてからは節約もできて家計にも優しくて感謝しかありません。
よくデートでドライブに行くのですが彼女もこの車を気に入っておりどこへ行くにも楽しい時間を過ごせています。
友達に見せてもみんな褒めてくれて試しに乗らしてみるのですが非常に好評で自慢の愛車です。

本当はだれもが欲しいと思う外車が欲しいのですが普通のサラリーマンには手が出ないですし、どうしても若い自分からするとハイブリット以外は選択肢にないので買いませんが雑誌やテレビで見るたびに欲しいと思ってしまいます。
貯金を貯めて買おうかと思った時期もあったのですがこれから家族ができてベビーカーなどを乗せることを考えるとあきらめるしかありませんでした。

いつかはキャンピングカーに乗りたい!

我が家には、小学生と幼稚園の子供がいます。
家族の休日の楽しみと言えば、ファミリーキャンプです。
自然の中で童心にかえってのんびり過ごす事は、何よりの贅沢だと思います。

ただ、キャンプではテントやバーベQ用品などを持ち込むので、いつも大荷物です。
今は、ホンダのステップワゴンに乗っていて、3列目のシートをつぶし荷物を満載にしてキャンプに行っています。
ワンボックスカーなので、普通の乗用車よりは、広いですがそれでもキャンプに行く時は荷物でギュウギュウになります。

キャンプ場に行くとよく目につく車がキャンピングカーです。
色々なタイプがありそうですが、皆広々としていそうでとっても羨ましいです。
我が家もいつかはキャンピングカーに乗る事が出来たらいいなと思っていますが、今は子育て真っ最中でこれからは色々と教育資金もかかります。

なのでしばらくはキャンピングカーはお預けですが、子供達が大きくなりいつか巣立って行ったら、住まいを質素にし、キャンピングカーを買ってパパと二人で日本全国を旅して回りたいです。
第二の住まいのような、素敵なキャンピングカーに乗る事が私の夢なのです。

エコカーを試乗した感想

私は車を運転するのが好きなので友人の車に何回も試乗させてもらっています。
その中でエコカーといわれる車を試乗する機会が多くて今までアクアやフィットやデミオやスイフトに試乗しました。
まずはアクアですがハイブリッドカーとしてトヨタでは売れ筋なこともあり走りは軽快でした。

また燃費も大阪から和歌山まで走ったときで1リッターで21キロくらい走ったので経済的には良い車です。
フィットについてはハイブリッド仕様を試乗しました。
室内はコンパクトカーの割に広くて家族5人が乗っても苦痛にならない感じでした。

燃費の方は大阪から岡山まで走ったときで1リッターで21キロくらい走りました。
次にデミオですがスカイアクティブ仕様を試乗しました。
ガソリン車の中ではトップクラスの燃費でありました。

大阪から名古屋まで走ったときで燃費は1リッターで20キロくらい走りました。
デミオは室内は狭いですが運転はしやすいので2人で乗車するには快適な車です。
次にスイフトですがCVT仕様を試乗しました。

燃費の方はアクアやフィットやデミオのスカイアクティブよりは劣りますがハンドリングの安定性があるので走りが好きな人にはお勧めです。

福祉車両の知っておきたい豆知識

福祉車両には、魅力がたくさんあります。まず、消費税の非課税です。これは厚生労働大臣が指定する身体障害者用物品の規定の1つにある、該当する装置を備えた車には、非課税で取得する事ができます。該当する車は、車いすのと車いすを乗せられる自動車です。例えば、車いすを乗せるための昇降装置や固定するための必要な装置を装備した車にかかる消費税が非課税となるのです。

また、助手席が出てくるタイプも非課税となっており、販売されている車はその基準にそって作られています。また、お体の不自由な人が運転する改造車も同じく非課税となっています。

自動車取得税も減免となります。体の不自由な人が運転する場合や、同一生計を立てている人が、その人を乗せて運転する場合に認められております。

ただ、事業主はこの制度を利用することが出来ません。

この制度には、福祉車両だけでなく普通車も適用される場合がありますので、ご確認下さい。また、体の不自由な人が自ら運転するために、構造などを変更した車場合には、認められ、営業用に限って認められています。減免措置や金額などは各自治体によって異なりますので、購入時にディーラーさんへ聞くのが
1番確実となります。また、自分で知りたい場合には各、地域の都道府県の税事務所で教えてもらえます。